新川崎で電気自動車の設計開発を行う㈱FOMMは経理部門強化のためTさんを採用し、6月1日から働き始めました。前の職場との雇用契約が6月17日まで有ったため、その間、便宜上業務委託契約とし、18日以降の採用内定通知書を受け取っていました。経理担当部長の名刺をもらった翌日の14日、突然「明日から来なくていい。」と通告され、内定を取り消してしまいました。本人に伝えられた解雇理由が事実無根のパワハラによるものとされ、この間撤回を求め、団体交渉を重ねてきましたが決着がつかず、提訴に踏み切ったものです。本人は慰謝料を求めず、職場復帰を目指していますので組合員の皆さんのご支援をお願いします。詳細は「裁判と労働委員会で戦っている仲間」に掲載していますのでご覧ください。