全労連・全国一般労働組合神奈川地方本部は、民間産業で働いている方なら1人でも入れる個人加盟方式の労働組合です。日常的に労働相談や組合づくりの相談活動を行っています。お気軽にご連絡ください。 ZENROREN / National General Workers Union Web Site

女性部

はたらく女性の神奈川県集会

    M字型年齢別労働力構成は日本・韓国だけ

 12月1日、はたらく女性の神奈川県集会が開催され、神奈川地本からは女性8人が参加。女性部では財政活動として「黒糖・コーヒー・ラスク・便利袋など」を販売。保育所分会の二人はネパール人の子どもの保育。集会実行委員も出して全員が集会成功にむけて積極的に楽しく参加することができました。

 毎年充実した内容で開催されていますが、今年はNHK「目撃!にっぽん「キム・ジョンと女性たち~韓国小説からの問いかけ」のドキュメント映像を観た後に「ワールドカフェ形式でのグループ討論」を行いました。少人数グループに分かれ模造紙に個々の意見をその場に残しながら移動し多くの人の意見聞いてお喋りできる形式です。大変面白い討論形式に盛り上がっていました。印象的だったのは、参加者には中国、台湾、ネパールの女性もいてそれぞれの国のジェンダー平等の状況や日本での外国人差別についても語られました。

 講演会は「ネオリベ時代のジェンダー差別をどう乗り越えるか」愛知県淑徳大学名誉教授の石田好江さん。ジェンダーギャップ指数が大変低い韓国(115位)と日本(110位)は女性の置かれる状況が大変似ていて欧米との大きな違いが示され大変興味深い内容でした。先進国の中でM字型の年齢別労働力率はこの2国だけとの報告だけでも驚きました。 このような集会への参加を重ねることで、まだまだ遅れている日本のジェンダー問題、実際に女性差別を受けている実態を知ることができます。異業種で働く女性や女性運動の先輩方との交流も出来ます。女性部があることの意味が見えてきて地本女性の絆と元気が生まれます。地本の女性組合員に今後も参加を呼び掛けていきたいと思います。

はたらく女性の中央集会開催

 11月16・17日に、宮城県仙台市で第64回はたらく女性の中央集会が、「輝く未来に向けて いかそう!憲法 /原発いらない!軍事よりも被災者支援と防災を /実現しよう!ジェンダー平等・人間らしい働き方 /ひろげよう!いのち・くらし・平和まもる女性の共同を」をスローガンに掲げて開催されました。

 1日目は分科会です。見学分科会2コースを含めて6つの分科会があり、私が参加したのは「人間らしく誰もが働き続ける社会をめざして」です。ノルウェーの労働環境について伺い、時間数の少なさが羨ましすぎました。帰宅ラッシュは15時半とのこと。もしも毎日15時半退社だったら、オフの時間をどんなふうに過ごせるのだろうかと夢が膨らみます。ノルウェーの組合組織率はヨーロッパでは低い方とのことですが、それでも53.3%。選挙投票率は8割。

 では日本はこれからどうやって働き方を変えていくか、「働き方改革」の目的と問題点を整理しながらレクチャーいただきました。安倍政権の進める「働き方改革」は労働者の健康や権利を脅かすもの。真の「働き方改革」を実現できるように、取り組んでいかなければなりません。レクチャーの後は1時間ほどグループディスカッションが行われ、レクチャーの感想やそれぞれの職場の現場等について話し合いました。人手不足や、非正規を受け入れない組合、過労死レベルの残業時間の多さなど厳しい現状を伺いました。「非正規だから仕方ない」「派遣だから仕方ない」と諦めてしまわない気持ちを持ちながら、ともに働く同僚も励ますことができるように、学び続けようと思いました。

 2日目は全体集会です。基調講演は竹信美恵子さん「企業ファースト化する日本 -女性の働き方を問う-」。働き方改革について、どこに落とし穴があるのかを丁寧に解説いただきました。安倍政権が推し進める「働き方改革」は毒饅頭構造であることを、働き手の言葉を利用した「パッケージ」、企業の働き方改革というおいしげな「皮」、しかし実態は「毒入りアンコ」としての労働の規制緩和だと、饅頭に例えてお話しくださいました。外見にまどわされず、労働者の視点に立って本質を見る目を養っていかねばならないと感じます。文化行事「荒川知子とファミリーアンサンブル」では透明感のある美しい響きが感動的でした。荒川知子さんの朗読も披露されましたが、声も美しく透きとおっていました。素晴らしい音楽を聴かせていただきました。

1日目の夜には交流会にも参加させていただき、せり鍋や牛タンのサラダなど仙台の味覚も楽しみながら、各地の方々と過ごし交流させていただきました。こうして集まって語り合うことで大変刺激を受け、励まされました。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-314-4021 御用の際は電話でお問合せ下さい
不在の時は、下記問合せ先までメールでお願いします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP