2017年7月21日(金)、「9条改憲・労働法制改悪阻止」「共謀罪廃止!今すぐ最賃1,000円以上」「公務員賃金改善」を掲げ、「夏季闘争勝利7・21中央総決起集会」を日比谷野音で開催しました。集会では最賃の引上げ等と併せ、「権力を私物化している安倍政権の退陣を!」呼びかけ、全国から集まった1,000名を超す組合員は、炎天下の下、集会後は、銀座方面へダンプのサウンドカーに乗った若者の元気なコーラ―によるリズミカルなシュプレッヒコールで道行く人に「いますぐ最賃1,500円」等を訴えました。集会に先立ち、内閣府人事局に「退職手当引き下げ反対・定年延長実現」、厚労省前では「最賃引上げ、労働法制改悪反対」を、人事院前では「公務員賃金改善、非常勤職員の処遇改善」の署名提出や宣伝行動を行いました。