1月16日、第3回拡大中央委員会兼2016年国民春闘討論集会が開催されました。村越委員長は挨拶でブローデンの言葉を引用し「資本主義は必ず、実質経済よりも上回る利益を回収しようとする。資本主義の行き過ぎた格差を無くさなくてはいけない。ひとつひとつの職場で賃上げを行い経済を立て直す、そして平和の問題を語り合う、その為には学習が重要である。2016国民春闘を盛り上げながら、安倍政治の暴走を止めよう!」と、挨拶しました。

村越委員長挨拶

村越委員長挨拶

続いて神奈川労連住谷事務局長に「憲法をまもりいかす『二つの共同』と賃金底上げ」と題して春闘情勢をユーモアを交えて話していただきました。引き続き、のぞみの会山田理事長には全労連共済について、藤原副委員長には作成した新組合員向け学習テキストを使った学習会を行っていただきました。賃上げ・組織拡大で意思統一を固めたあとは、新春旗開き会場へと移動しました。神奈川地本結成60周年レセプションを兼ねた旗開きは深澤さん小尾さんの司会の下、元組合員が作詞作曲した「地本のうた」を披露し、事前配布した地本の10年史、及びムービーによる地本の10年を紹介する等、大きな盛り上がりの中、最後はうた「がんばろー」で締めました。