全国一般愛知地本の日本アクリルで、来年の3月末を目途に、工場閉鎖の合理化計画が提案されています。会社は「存続(シナリオ1)」と「閉鎖(シナリオ2)」を提案し、「工場閉鎖が優位」としています。
会社は、『存続』と『閉鎖』を明言せず、曖昧な態度をとり続けています。工場存続を決断させるために、12月5日の争議支援行動の一環として、全国一般独自で要請行動を行うことにしています。この際に、各地方組織や支部、分会から団体要請を会社に提出する取り組みをすることとなりました。署名の送付先は中央本部としますので、よろしくお願いします。
締切りが11月末と緊急のお願いですが、工場閉鎖を撤回させるために、ご支援をお願いします。

20191111アクリルへの要請書のお願い 20191111日本アクリル要請書